DATA

所在地東京都多摩市
発注者多摩市
工期平成25年8月~現在

INFORMATION

多摩ニュータウン再生に向けた検討支援

多摩ニュータウンは、昭和46年の第一入居開始から40年以上が経過し、人口減少・少子高齢化の進行、住宅や設備の老朽化、都市構造を含む社会環境の変化などの課題に直面している。

平成25年度にはそのような課題や変化への対応を図りながら持続可能なまちづくりを進めるために設置された「多摩ニュータウン再生検討会議」の支援を通して、「多摩ニュータウン再生方針」の策定に向けた「再生シナリオ」の取りまとめを行った。平成27年度からは「多摩市ニュータウン再生推進会議」の支援を通して、初期入居エリアである諏訪・永山地区におけるリーディングプロジェクトである永山駅前の再構築計画やまちづくりと連携した団地型マンションの再生方策等の具体的な検討・支援を行った。

平成29年3月には、諏訪・永山地区の2040年代の将来都市構造や具体的取組みを示した「諏訪・永山まちづくり計画」を策定し、シティプロモーションに向けたPR版も作成した。

SERVICE まちづくり、都市及び地域の再生 ニュータウン・郊外住宅地再生

PDF