企業理念

私たちは、ハウジング分野の専門コンサルタントとして、

人間居住の向上と住宅・住環境における
新たな価値創造への貢献

を基本理念に掲げ、社会に貢献していきます

このために社員一人ひとりが誇りとやりがいをもち、
業務に邁進できる組織づくりを進めています

      

ビジョン

「包摂的な環境のもと持続的成長を果たしていく、人が輝く地域社会」

 この実現に向けて、業務活動をすすめていきます

業務活動の5つの視点

安全・安心でサスティナブルな地域社会の実現
地域の成長を基盤に安全・安心な地域社会の構築のためには、ローカルな状況認識にもとづき循環型の地域社会の構築が基本となります。地域社会毎の状況や課題認識のもと、自立した地域社会の経済、環境、住まい、ケア等の循環を確立し、このことによるサスティナブルかつレジリエンスな地域社会の構築が、私たち々の計画・設計・技術開発の目指すところです。またそれは、地球規模での持続可能性や災害等への強靭性の向上に貢献するものと認識し、私たちは地域レベルから取り組みを進めます。
多様性の包摂と選択できる居住の実現
私たちの活動は、SDGsの理念である「だれも取りこぼさない社会」を目指すことであり、成長の基盤は市場活動の持つ活力の持続であることに間違いありません。
一方、それがいかにあまねく享受されているか、すなわちいかに共通の利益につながるかが重要で、様々な機会を選択できる状況を前提に、多様な居住の実現や働き方、地域に共生する社会システムのバランスある構築が、私たちの目指す社会像です。
つかう仕組み、利用価値に視座を置いた居住の実現
人口減少社会の居住の基本は、資産の蓄積から利用価値へのシフトが基本にあります。都市・地域の価値創造においては、短期の場づくりによるタクティカルアーバニズムが今後も主流になると考えられます。利用価値に視座を置いたまちづくりや新しい居住システムの構築は将来のハウジングのあり方を示唆する基本的方向であります。
このことは、居住をめぐる種々の仕組みが居住者や住人に視座を置いたシステムへの移行にほかならりません。その先導的な取組みや制度・仕組みの検討、提案こそが私たち役割の一つです。
変容するコミュニティをとらえた居住・暮らしの構築
住宅地レベルで高齢者や子どもを自然な見守りができるコミュニティ、地域レベルでの地域包括ケアシステムを構築する互助コミュニティ、情報でつながるコミュニティなどのほか、常時居住しない関係人口が地域づくりに重要な役割を果たすケースも見られるようになりました。
このように、多様なレベルで展開する人と人の関係が構築される場・機会の創出は、私たちの目指す「持続的・包摂的(分かち合いと成長)で、人が輝く地域社会」の実現と密接不可分であり、重点的に取り組んで参ります。
多様な担い手との連携による居住・暮らしの構築
現在の居住ビジネスの基本は多様な者との協働であることは間違いありません。「持続的・包摂的で(分かち合いと成長)、人が輝く地域社会」の構築は、種々のプレイヤーやサポーター、住民等の多様な担い手との連携が不可欠です。また、地方創生を進める上では、地域の人材・産業・資源を活かした取組みを専門家として先導していきたいと考えています。
私たちはこうした協働を「寛容力」をもって進め、居住や暮らしの仕組みを構築することに取り組んで参ります。

PRESIDENTʼS MESSAGE

市浦ハウジング&プランニングは、1952年に市浦健(1904~81年)によって創設されたハウジング分野を専⾨とする計画・設計組織です。組織の特⻑は、68年に及ぶ団地・ニュータウンの計画・再⽣⽀援から⾃治体住宅政策や住宅・建築関連諸制度の策定⽀援などの事業実績に裏付けられた公共性、社会性に視座を置いた業務展開とこれに基づく信頼にあります。

私たちは、住宅・住環境の向上に資する種々の業務や今後の住宅政策や住宅事業へのコンサルティングを⼀層重視しつつ、これまで培ってきた公共政策への取組みや社会性をポリシーとした住宅事業の蓄積を活かした業務等の取り組みを地域の⽅々と⼒をあわせてすすめていきます。

2021 年5⽉

代表取締役社⻑ 川崎 直宏

FEATURES

⼀⼈ひとりが専⾨家として⾃⽴し、かつ連携・協⼒しながら総合⼒を発揮するハウジング分野における専⾨家集団からなる組織の持続的続的な成⻑を確かなものとすべく、3つの取り組みをすすめています。

蓄積された組織お知識を継承しつつ専門家としての素養と資質を磨くための人材育成に取り組んでいます。

ワークライフバランスの確立を支援

仕事のやりがいと働き方の多様化に対応する業務・労務環境の構築に取り組んでいます。

1999年12月にISO(JIS Q 9001:2015)の認証登録を行い、現在も継続して品質管理に取り組んでいます。

HISTORY(1952〜)

歩み

当社が設⽴された1952 年(昭和27 年)は、戦災復興の末期であった。

数年を経て、⾼度経済成⻑期が到来する。人口は急増し、都市部への人口集中が始まり、深刻な住宅不足の時代が迫り、公共主導による住宅供給が本格化しようとしていた。 当社はこのような時期に発足し、公共共同住宅や団地の計画・設計を主要業務とし、 60年以降はニュータウン(NT)計画も加えて、一般国民の住宅や居住環境の向上を目指した。

当社は積重ねた経験や技術を活用して、共同住宅・団地の設計の他、団地環境の再生、既成市街地の改善、住宅技術の開発、高齢者居住への対応、その他様々な住宅問題に関する調査研究や住宅・まちづくり政策の検討に業務を拡大して今日に至っている。

KEN ICHIURA


略歴

1904年 1月24日生まれ
1928年 東京帝国大学建築学科卒業
1936-41年 厚生省体力局嘱託、同保険局技師として勤務
1941-45年 住宅営団に勤務
1945-48年 戦災復興院にて住宅建築にかかわる
1948-51年 鹿島建設取締役、企画第三部長、名古屋支店長を歴任
1952年 (株)市浦建築設計事務所を設立
1961年 (株)都市開発コンサルタントを設立
1962年 工学博士の学位を取得
1967年 都市計画コンサルタント協議会 初代会長
1968年 市浦建築設計事務所と都市開発コンサルタントを合併し、(株)市浦都市開発建築コンサルタンツを設立
1970年 日本建築家協会 会長
1973年 (財)住宅部品開発センター(現ベターリビング)初代理事長
1979年 都市計画コンサルタント協会 会長
1981年 11月3日逝去 享年77歳