NEW GRADUATE新卒採用入社

笠松 優貴

笠松 優貴

YUKI KASAMATSU

様々な建物の計画から設計業務まで携わることができます

東京支店 建築室
2019年入社 建築学科卒業

風景
入社した理由や動機を教えてください
大学生当時、意匠系か計画系の進路で悩んでいた時に、建築設計と都市計画の両方に携わることのできる市浦を知りました。大学では計画系分野を専攻しており、そうした自分の「経験」を活かし、元々建築学科を志望した動機である住宅設計への「憧れ」を職にすることができる市浦を志望しました。
入社後どんな仕事をしていますか?
郊外住宅団地や都心の公営住宅、駅前の再開発事業、PFI事業等の計画・設計業務に携わってきました。その中で、BIMやモデリングソフト、環境シミュレーションソフトを活用し、建物のみではなく、居住者や周辺住民の住環境向上といったまちづくりの視点も踏まえた計画・設計業務を行っています。
仕事の魅力・やりがいはどんなところ?
都区内の施設合築となる特殊な住宅から郊外の大規模団地まで、様々な建物の計画から設計業務まで携わることができます。全く同じ敷地条件は無く、モデリングソフトやシミュレーションソフトを用いて解析するなど、その場所特有のデザイン、設計提案ができるところに魅力、やりがいを感じています。
会社の雰囲気はどうですか?
同じプロジェクトチーム内のベテランから若手の縦の繋がりに加え、部門間連携といった横の繋がりを強く感じます。社会全体の動向や業界の流行など、多岐にわたる情報を日々交換し合い、それらを仕事に繋げるため、社内コミュニケーションが活発に行われています。
今後の抱負をお聞かせください!
様々な業務に携わる中で、より多くの専門知識を吸収することで、自分の経験値を高めながら、住宅設計の「憧れ」を実現するため、好奇心を忘れずに日々の業務に取り組んでいきたいと考えています。
藤原 由季

藤原 由季

YUKI FUJIWARA

最前線の国の施策に関わることができることにやりがいを感じます

東京支店 住宅技術室
2019年入社 環境デザイン系大学卒業

風景
風景
入社した理由や動機を教えてください
学生時代は地域デザインの研究室に所属していました。まちづくりワークショップへ参加したり、学生の視点からより地域が魅力的になるような提案をしたりといった活動の中で、実際に住民の方の思いをかたちにする仕事に就きたいと思うようになりました。ハウジング分野を専門としているところに魅力を感じたこと、実際にアルバイトをして、風通しの良い雰囲気を感じられたことが、市浦を志望する大きな理由になりました。
入社後どんな仕事をしていますか?
主に公営住宅や民間賃貸住宅等に関する計画策定や調査、建築物のバリアフリー化に関する国の建築設計標準や地方公共団体のマニュアルの改訂等を担当しました。他にも耐震改修支援や景観保全、BIM活用調査・検討、工務店支援といった様々な分野の業務にも携わりました。私の所属している住宅技術室は業務内容が幅広く、先進的な事例のヒアリングや視察に行くことも多いので、面白いです。
仕事の魅力・やりがいはどんなところ?
学生時代に触れてこなかった分野の仕事が多いので、日々学ぶことがあり、多様な角度からまちや建物を見ることができるようになりました。業務の中で実際の利用者や住民と関わる機会は少ないですが、より暮らしやすい環境を整えるための土台となるような、最前線の国の施策に関わることができるので、雑誌やニュースで自分の業務に関する記事を目にする機会も多く、やりがいを感じています。
会社の雰囲気はどうですか?
こまめに社内で打合せをするので意見を出せるタイミングも多く、小さなアイデアでも取り入れてもらえる雰囲気があります。また、分からないことがあったときには、各分野知識と経験豊富な先輩方に丁寧に教えてもらうことができます。内部研修だけでなく、外部の研修や活動に参加する機会も多いので、自己成長にはとても良い環境だと思います。
学生へのメッセージをお聞かせください!
コンサルタントといってもその業務は多岐に渡るので、みなさんが想像していないようなものも沢山あると思います。なかなかイメージが湧きにくいと思いますが、市浦のホームページには過年度の業務が沢山掲載されているので、まずは一度じっくりと見てみると良いのではないかと思います。興味があれば説明会やインターンシップに来てみてください。
高橋 里佳

高橋 里佳

RIKA TAKAHASHI

“まったく同じ”がなく新鮮さが続く

名古屋支店 計画設計室
2020年入社 住居学専攻大学卒業・ランドスケープ専攻大学院修了

風景
風景
風景
入社した理由や動機を教えてください
大学、大学院で、建築と景観・ランドスケープについて学び、単体の建物だけではなく、複数の建物が連続した街並みをつくりたいと思っていました。就職活動でいろいろな会社を調べている中で、市浦を見つけ、複数の建物で構成される団地を設計することで景観や街並みを作ることができると思い、入社を決めました。
入社後どんな仕事をしていますか?
複数のPFI事業のコンペに携わってきました。 具体的には、3Dモデルでの配置計画や立面計画の検討、団地の風環境やヒートアイランドなど熱環境のシミュレーション、設計図書のまとめなどを行いました。 その中でも、十数パターンの風シミュレーションをかけ、住戸内に風をどのように取り込むかを検証した際に、予想外の結果が出たのが印象に残っています。ひとつのことを突き詰めると、どんなことでも奥が深くておもしろいです。
仕事の魅力・やりがいはどんなところ?
2年間でいくつかのPFI事業のコンペに携わりましたが、毎回新しい提案や前回よりもブラッシュアップした提案をするので、“まったく同じ”がなく新鮮さが続く点が魅力です。その分いろいろな分野の最新の動向や情報にアンテナを張っていないといけないというのを実感しています。まだ得られた情報を新しい提案に結びつけることができず、仕事の難しさを実感しますが、同時に、うまく繋がったらおもしろいだろうなと感じます。
休日はどんな風に過ごしますか?
休日は美味しいものを求めて食べ歩きをしています。連休には足を伸ばし、各地の美味しいものを食べに行きます。そこが商店街や地域の文化があふれる街だとよりいっそう楽しいです。 また、普段、運動不足になりがちなので、体調管理に気をつけています。
今後の抱負をお聞かせください!
まだまだ修行の身なので毎日大変なことも多いですが、学生のころ、市浦のホームページを見てこんなことやってみたい!ここで働きたい!と熱望した気持ちを思い出すと、心が奮い立ちます。 入社して3年目ですが、まだまだ仕事のスピードと精度が先輩方に追いつきません。余裕を持って仕事に取り組めるよう、知識と経験を深めていきたいです。 住民の方にも地域の方にも居心地の良い環境を提供できるように、日々精進していきます。
村上 峻

村上 峻

RYO MURAKAMI

多様な立場の人と仕事をするなかで、幅広い経験を得られる

東京支店 都市計画・設計室
2019年入社 歴史的環境保全・都市史学専攻大学院修了

風景
入社した理由や動機を教えてください
大学の志望動機として、まちづくりの仕事に携わりたいという思いがあり、大学時代は都市環境工学のゼミで都市景観の分析を、大学院で歴史系に転向して街並み景観保全をテーマに研究しました。就職活動においては、住宅地や既成市街地を対象としたまちづくりへの関心や、学生時代の都市計画コンサルタントでのアルバイト経験から、市浦に入社しました。
入社後どんな仕事をしていますか?
千葉海浜ニュータウンや横浜市の大規模公営住宅、多摩ニュータウンに立地する公営住宅等、大規模な住宅団地の建替え計画検討の経験を積みました。また、団地再生に向けて地域住民等で構成された協議会運営支援に関わる一方、全国の住宅団地の再生について検討する国主催のワーキング運営にも携わりました。
仕事の魅力・やりがいはどんなところ?
業務は室内の数人でチームとして担当しますが、他室と一緒に進める業務(例えば都市計画・設計室と建築室が連携するなど)もあります。発注者とも何度も打合せをしながら進めていきます。 多様な立場の人と仕事をするなかで、幅広い経験を得られることが魅力の一つです。 団地の配置計画に関わるフィジカルな検討だけでなく、事例収集や居住者推計等、地道な作業も多いですが、そうした検討が最終成果として認められることがやりがいの一つです。
会社の雰囲気はどうですか?
幅広い年齢層の所員がおり、直属の上司だけでなく、他室の先輩や役員の方も一緒のチームとして検討する業務もあります。気軽に相談しやすい雰囲気はあります。 このコロナ禍の2年間は在宅で仕事を行うこともありますが、基本的には、face to faceのコミュニケーションを大事にしている社風があります。
学生へのメッセージをお聞かせください!
企画段階のまちづくりも含め、都市計画に関わる幅広い仕事を経験できます。他室連携業務の場合は、さらに広い分野で携わることができます。建築系大学出身の所員が多いですが、私のように理系ではない所員もいます。まちづくりに関心がある方はぜひご連絡いただければと思います。
松本 友惟

松本 友惟

YUI MATSUMOTO

計画から設計まで携われる機会がある

大阪支店 計画室
2019年入社 建築学専攻大学院修了

風景
風景
入社した理由や動機を教えてください
学生の頃は都市計画系の研究室に所属していました。住民の方たちとまちづくりワークショップをすることもあったのですが、建築設計までではなく、計画段階までしか関われない歯がゆさを感じていました。そんな時に、市浦では計画から設計まで携われる機会があることや、計画室と建築室などが連携して業務を行うこともあると知り、志望しました。
入社後どんな仕事をしていますか?
大規模な団地の建替えに伴い、敷地内に計画されるオープンスペースや集会所を、団地の入居者だけでなく、広く地域の方にも自由に利用してもらうための持続的な仕組み・組織づくりのお手伝いをしています。また、団地の建替え基本計画の検討業務などにも携わっており、3Dモデリングソフトも駆使しながら、歩いて楽しい沿道空間やオープンスペースの確保、入居者や周辺住民の憩いの場が形成されるような住棟配置などの検討を行っております。
仕事の魅力・やりがいはどんなところ?
業務の中で、地域住民の方々のお話を聞く機会が多くあります。対話の中で、様々な世代の地域に対する思いを聞くことができ、そのような方々の思いも含めて、豊かな住まい・暮らしの実現のために、検討を重ねていくことにやりがいがあるように感じています。また、計画室だけでなく、他部署の先輩方からも指導してもらえる機会があり、より多角的な視点を養うことができるのも魅力に感じています。
休日はどんな風に過ごしますか?
学生の頃から今も変わらず大阪の下町の東大阪に住んでいます。学生時代から東大阪の石切という地域に携わっており、空き家をDIYで地域の交流拠点に再生する活動などのお手伝いをしています。 また、長期の休みがあると、海外へ出かけます。海外旅行が好きで、年に1度の海外研修も楽しみです。
学生へのメッセージをお聞かせください!
あまり就職活動ばかりにとらわれず、学生時代は自分のやりたいことに注力するのも良いと思います。研究室での活動や論文の執筆、海外旅行や本を読み漁るなど。学生だからできることを目一杯楽しむことで、それが結果的に仕事をする上でプラスにはたらくこともあると思います。

MID-CAREERキャリア採用入社

小倉 剛

小倉 剛

TUYOSHI OGURA

やる気と根気をもって取り組めば、仕事の楽しさと達成感が感じられる職場

大阪支店 建築室
2018年入社 建築系大学院修了

風景
風景
風景
市浦への入社・動機理由
市浦への入社のきっかけは、市浦で働いている大学時代の先輩から声をかけていただき、アルバイトをはじめたことでした。 正直なところ、アルバイトを始めた頃は、前職を退職し建築業界で仕事を続けるか、悩んでいました。しかしながら、市浦で仕事を手伝うなかで、複数建築物によるまちづくりや、建築設計の楽しさを再認識するとともに、まちづくりから考える設計に惹かれていき、市浦で働きたいと強く思うようになりました。そんな時、建築室の方から市浦で働いてみないかと声をかけていただき、二つ返事で働かせてくださいと答えたのは今でも鮮明に覚えています。
前の職歴・今の仕事
前職は注文住宅の工務店で工務として3年間働き、家づくりが職人さんの手でどのようにできていくかを学びました。 現在は、大規模な公営住宅団地の再生業務を担当しており、その地域に適したまちづくり、景観形成等について考える毎日です。このほかにも、PFIの提案書(配置計画や図面作成)、基本設計・実施設計、またそれに伴う確認申請等の申請業務、現場管理補助等様々な業務を担当し、充実な日々を過ごしています。
仕事のやりがい
ただ箱を作るのではなく、地域の特性や問題、住民の要望等を考慮し現状分析を行い、その地域に潜在する課題解決を見据えたまちづくりを考え、それに応じて必要な建築物を設計し、どのように使ってもらうかを使い手と一緒に考えることでより良いまちづくりへとつなげていく仕事にやりがいを感じています。 計画地ごとに異なる条件がある中で、周辺を含めたまちづくりや住環境を考えながら、まちづくりというソフト面と建築物というハード面を一緒に作ることが、仕事の1番の魅力です。もちろん楽しい事ばかりではなく失敗もありますが、それを乗り越え、成果品ができ、建物引き渡しが完了した時の達成感・高揚感は格別です。
今のプロジェクトチームの雰囲気
分からないこと・悩んだことがあればいつでも聞きやすく、いつでも相談できる、家族といるような環境だと思います。 ハウジングとプランニングの両方を担う市浦では、各部署が独立した仕事に取り組むだけでなく、各部署や外部組織とも連携して多方面の専門家が一丸となって取り組むプロジェクトも多く、部署を超えたコミュニケーションが自然にできる環境があります。
キャリア採用者へのメッセージ
前職は建築業界ではありますが、全く異なる分野への挑戦でした。最初はCADソフト等の必要なソフトの使い方を学ぶことから始め、住宅の設計から配置まで丁寧に仕事を教えて頂きました。市浦では様々な視点から仕事をするので前職の経験は必ず、何かに役立つと思います。やる気と根気をもって取り組めば、仕事の楽しさと達成感が感じられる職場だと思います。 地域に貢献するまちづくりやものづくりを一緒に考えてみませんか。
大出 美緒

大出 美緒

MIO ODE

より広い目線で建築に関われるのでは

東京支店 住宅事業推進室
2018年入社 建築系専門学校卒業

風景
風景
風景
市浦に入社した理由・動機
市浦事務所では、公共住宅の設計や団地再生等の都市計画のほか、国や自治体の住環境に関連する政策支援業務も行っています。入社前より、高齢者住宅の支援業務に携わる機会をいただき、政策支援の業務を知りました。それまでは、建築=設計という概念があったのですが、より広い目線で建築に関われるのではないかと考え入社を希望しました。
前職と現在の仕事内容
前職では、再開発事業の企画設計や戸建て住宅、空間設計など設計業務をメインに幅広く建築に携わって来ました。現在、私が所属している「住宅事業推進室」は、主に国や自治体等から委託され、高齢者住宅・長期優良住宅などの事業支援、ストック活用・省エネ・防災等の住宅技術に関する調査、PFI・PPP事業など、住宅・建築に関するコンサルティング業務を行っています。
仕事の魅力・やりがい
日々の業務には地道な部分も多く、非常に幅広い知識が必要になります。その中で、関係各所と議論・検討した内容が、数日後には新聞記事に掲載され、制度等に反映されていく時は、仕事を通じて社会に貢献している事に喜びを感じます。業務を通じて、誰かの生活に少しでも役に立てたらと願い業務をしています。
会社の雰囲気
社内はベテラン社員も若手社員もとても気さくで、アットホームな会社です。情報交換も盛んで、社内全体のチャットでは、新しい技術の情報発信や業務で困っている事があれば質問をすると、何らかの情報を得ることがきます。 また、働く環境として、私は高齢の家族を抱えておりますが、介護等に対応した働き方を相談できる事もとても有難いです。
キャリア採用者へのメッセージ
市浦事務所(特に私が所属する住宅技術部門)は、専門的で個性ある知識が強みになる会社だと思います。昨今の新型コロナウィルスにより、住宅・生活環境の変化も今後、更に加速していくと思います。混沌とする時代だからこそ、心地よい暮らしを目標に、住環境の向上を一緒に目指していただけると幸いです。
佐藤 介一

佐藤 介一

AKIKAZU SATO

ハウジングに関する様々な業務が経験できます

東京支店 建築室
2010年入社 意匠設計専攻大学卒業

風景
風景
風景
市浦に入社した理由・動機は何ですか
幼い頃から集合住宅の間取り(新聞のチラシ)を見る事が好きで、建築設計の道へ進みました。前職を退社すると決めたときに、当時の先輩から集合住宅の設計をやりたいのであれば良い会社があると紹介されたのが市浦でした。市浦が建築設計だけではなく、都市計画、住計画、住宅技術などハウジングに関するプロフェッショナルの集団である事を知り、自分の知見も深める事ができると思い志望しました。
前の職歴(簡単に)と今はどのような仕事に携わっていますか
前職では、集合住宅やオフィスの企画設計、超高層住宅の設計や再開発事業に携り、主に都心部の高容積の建築計画の設計をしていました。 市浦に入社後は、再開発事業、市営住宅建替のPFI事業、中国の集合住宅の内装設計や住宅地計画などを通して、建物だけではなく、公共空間、まちづくりに携わっています。
仕事の魅力、やりがいは何ですか
ハウジングは奥が深く、答えは無限にあります。 例えば、住戸プランを検討していて、やっと辿り着いた最良と思われる案でも、次の日、新しい目で見ると課題が見つかり、改善案が生まれます。 考えれば考えるだけ、面白い案や合理的な案が生まれるため、何度もひらめきの感動を味わえる事が仕事の魅力です。
今のプロジェクトチームの雰囲気
ハウジングの設計はまちを構成する建物(住宅や商業施設)やパブリックスペースをどうつくるかが大切です。ボリュームの大きい仕事が多く、チームで仕事に取り組み、メンバーが案を出し合いながら和気藹々と議論しています。 また、コロナ渦の今は控えていますが、チームの食事会?がとても楽しいです。みんな言いたい事を言い、フラットな関係でわいわい飲める良いチームです。
キャリア採用者へのメッセージ
市浦ではハウジングに関する様々な経験ができます。再開発PJでは住宅を中心に商業施設などの設計もしました。また、中国の内装設計では、日本の高品質な工業化工法を中国で広めるためのモデルプロジェクトに参加し、日中建築住宅技術交流会議で、その経験を発表させて頂いたりもしました。自分を伸ばす意欲のある人には適した環境だと思います。

INTERNSHIPインターンシップ

先輩参加者から、こんな声が寄せられています。

東京支店 都市計画・設計室住居学専攻大学院修了
東京支店:都市計画設計室
大学院建築都市空間デザイン専攻

インターンシップの中で、実際のプロジェクトに関わり提案の部分まで体験させていただいたことで、仕事のイメージをより鮮明にもつことができました。
これから就職活動が本格化していきますが、貴社での体験を生かしていきたいと思います。

東京支店 都市計画・設計室住居学専攻大学院修了
東京支店:住宅事業技術部門
大学院建築学専攻

市浦の住宅技術室の住宅やホテルに関わる事例調査の実務補助を通して、調査業務においても設計指針の見直しや今後の住まいのあり方につなげるために多様な視点から業務に取り組んでいることを知り、やりがいのある仕事だと確信しました。コンサル業務は全体像を把握することが難しいですが、インターンシップでその業務の一部を経験することは、今後就職活動の末どのような職に就いたとしても、貴重な経験になると感じました。

東京支店 都市計画・設計室住居学専攻大学院修了
東京支店:都市計画・設計室、建築室
大学院建築学専攻

研究室の団地再生事業に関連するプロジェクトを通して市浦を知り、団地再生やより広域の住計画に興味をもってインターンシップに参加しました。2週間かけて都市計画・設計室、建築室の2つの部署で業務を体験したので、会社や業界について理解が深まって良かったと思います。個人で期間を調整して申し込めるため、業務を体験するプロジェクトについて時間をたっぷり設けてご説明頂いたり、昼休憩などに担当所員の方とフランクにお話ししたりできと、とても雰囲気の良いインターンシップでした。

ALMA MATERS先輩出身校

北海道大、東北大、筑波大、千葉大、共立女子大、慶応義塾大、工学院大、国士舘大、芝浦工業大、首都大、成城大、東京大、東京工業大、東京都市大学(旧 武蔵工業大)、東京理科大、日本女子大、日本大、法政大学、明治大、武蔵野大(旧武蔵野女子大)、早稲田大、横浜国立大、関東学院大、新潟大、京都大、京都工芸繊維大、大阪大、大阪市立大、大阪府立大、関西大、近畿大、神戸大、武庫川女子大、広島大、九州大、福岡大、熊本大、鹿児島大 等

TALK SESSION会社説明会

どんなひとと、どんな仕事をするか。
どんな場所で、どんな働きをするか。
ひとりではできない仕事だからこそ、
それを肌で感じ取ってほしい。
だから、市浦の会社説明会は、
先輩社員との個別トークセッションです。

説明内容
  • コンサルタント業界や当社の業務内容の概要
  • 関心のある業務内容について、担当者(若手)が説明
  • 質疑応答
対象
  • 2021年3月に大学院博士、修士、大学を修了・卒業見込みの方(新卒予定者)
  • 2018年4月以降に大学院修士、大学を修了・卒業された方(第二新卒者)
開催日時 随時受け付けています
お申し込み後、希望の場所や日時に応じて調整させていただきます
所要時間 1時間程度
開催地 東京、大阪、福岡 ※応相談
申込方法 下記の事項を申込フォームにご記入ください
①お名前
②所属(大学・大学院、研究室)
③連絡先
④関心のある業務内容
⑤希望する説明会の場所
⑥その他

会社説明会参加の有無は、採用選考とは無関係ですが、極力参加をおすすめしております。