プロジェクト紹介

高齢者向け住まいのニーズ予測と供給効果に関する調査研究

プランデータ

発注者厚生労働省
工期2013~2014年

プランインフォメーション

将来の高齢者向け住宅のニーズの予測と供給効果に関する調査研究である。高齢者の増加に伴い、サービス付き高齢者向け住宅をはじめとした高齢者向けの住まいの供給が進められている。本調査は、サービス付き高齢者向け住宅の供給数が最も多い大阪府下の市町を対象として、高齢者の将来の住まいのニーズや、高齢者の住まいの供給動向、高齢者の住まいにおける介護サービス提供の実態等を把握し、それらを元に、将来の高齢者の住まいの供給量の予測、高齢者の住まいの増加による地方財政への影響についてシミュレーションを行い、高齢者の住まいの整備を促進する際の課題を明らかにした。


報告書のPDFファイルはこちら

計画系プロジェクト
建築系プロジェクト
海外プロジェクト
年代別
地域別


ピックアップ

  • ハウジングの話
  • ニュータウンの話
  • PICKUPプロジェクト(建築系)