プロジェクト紹介

城野低炭素まちづくり

プランデータ

所在地北九州市小倉北区城野
発注者UR都市再生機構九州支社
敷地面積約19ha
用途生活利便施設、住宅等
工期平成23.年1月~平成23年3月

プランインフォメーション

北九州市城野駅北地区では、低炭素社会のモデルとなるまちづくりとして、太陽光や太陽熱等の自然エネルギー、省エネ住宅や超長期住宅、カーシェアリング、エネルギーのエリアマネジメント等、先進的な技術やシステムを集積した低炭素先進モデル街区の形成を推進しています。この中で、当社は、土地区画整理事業を主体にまちづくりを進めていくことから、関係権利者の合意形成を図りつつ、「ゼロ・カーボン」「子育て支援・高齢者対応」「持続可能性」をコンセプトとした「まちづくり基本計画」の策定を行いました。この計画では、基盤整備の方針として、歩行者・自転車利用を重視した道路計画、低炭素化に配慮した道路等の整備、既存樹木や池の保全を、土地利用計画では街区特性に応じたゾーニングを提案しています。平成23円8月には財務支局、福岡県、北九州市、UR都市機構が本計画について合意し、現在、整備が着々と進行中です。

計画系プロジェクト
建築系プロジェクト
海外プロジェクト
年代別
地域別


ピックアップ

  • ハウジングの話
  • ニュータウンの話
  • PICKUPプロジェクト(建築系)