プロジェクト紹介

川崎市営住宅事業民間活用可能性調査

プランデータ

所在地川崎市
発注者川崎市
工期2016~2017年度

プランインフォメーション

川崎市営住宅に係る維持管理業務や建替事業等について、公共施設等運営権事業(以下、「コンセッション」)、収益型事業、公的不動産利活用事業等の手法及びその複合的活用を含め、民活の導入可能性を調査した。
本調査においては、市営住宅の維持管理業務と建替事業の2つの視点から民間事業者の活用の可能性を探ることとし、以下の2つのモデルを設定し検討を進めた。


【モデル1:市営住宅全体の管理・運営効率化等を図るモデル】
市営住宅のさらなる管理・運営の効率化や質の向上を図るために、市の市営住宅管理代行業務の状況を踏まえつつ、現行の管理代行制度の拡大(現在の修繕等に関する業務範囲の拡大)を検討するとともに、民間事業者による指定管理者制度やコンセッションの活用を検討した。


【モデル2:団地の集約・再編により計画的な建替事業の実施を図るモデル】
本市においては将来的に建替える必要性のある団地が相当数あるため、特定団地での検討のみならず、検討結果を多くの団地に活用できる汎用性の高い成果が得られることが望ましい。
そこで、他のエリアへの汎用性も考慮しながら、実在する市営住宅を対象として民活の導入の可能性やその事業の方向性等をモデル的に検討した。

計画系プロジェクト
住宅事業技術系プロジェクト
建築系プロジェクト
海外プロジェクト
年代別
地域別


ピックアップ

  • ハウジングの話
  • ニュータウンの話
  • PICKUPプロジェクト(建築系)