プロジェクト紹介

桐ヶ丘団地

プランデータ

所在地東京都北区
発注者東京都
敷地面積約58ha
計画戸数約4,200戸
事業年度1955-56

プランインフォメーション

桐ヶ丘団地は、都営団地の中では最大規模で、戦後の大団地計画の初期の作品として代表的なものである。その計画経験は、千種台団地(名古屋市)、古市中団地(大阪市)等と並んで1956年以降の日本住宅公団による大団地計画に引継がれていくことになる。
1955年に久米事務所と市浦建築設計事務所が共同で基本計画を作成し、その後、北地区と南地区に分けて、北地区を久米事務所、南地区を市浦建築設計事務所が担当して実施設計を行った。北と南の2住区で構成し、各種コミュニティ施設の計画については、当時の先進的研究成果を100%活用し、充実した団地環境となるように配慮した。

計画系プロジェクト
建築系プロジェクト
海外プロジェクト
年代別
地域別


ピックアップ

  • ハウジングの話
  • ニュータウンの話
  • PICKUPプロジェクト(建築系)