プロジェクト紹介

秋田県営手形山住宅

プランデータ

所在地秋田県秋田市
発注者秋田県
敷地面積25,039㎡
用途県営住宅(150戸)
構造・規模木造(在来軸組構法)・2階、(RH構法)・3階
延べ床面積約1160㎡
竣工年2003年
備考2005年 全建賞、2007年 地域住宅計画賞奨励賞

プランインフォメーション

1973-75年に建設された団地の建替えである。高齢者等の入居を想定したエレベーター付の木造3階建て共同住宅と、若年ファミリー層の入居を想定した2階建て木造タウンハウスとの混合による計画とした。
積雪地であることから、計画地の南北を貫く歩行者通路には、地域の伝統的デザインである雁木(雪が積もらないよう庇を設けた通路)を計画し、屋根は落雪屋根とした。また寒冷な気候に配慮し、3階建て住棟は南側にサンルームを設け、共用廊下を屋内型とした。
外壁仕上げ材、床材、内壁仕上げ材等として、杉の地場産材を、積極的に活用している。
((株)汎建築設計事務所とのJVプロジェクト)

計画系プロジェクト
建築系プロジェクト
海外プロジェクト
年代別
地域別


ピックアップ

  • ハウジングの話
  • ニュータウンの話
  • PICKUPプロジェクト(建築系)
  • ホテル・旅館のバリアフリー化の現状等に関するアンケート調査