プロジェクト紹介

チェリーハイツ健軍(CHS適用住棟開発)

プランデータ

所在地熊本市
発注者熊本県住宅供給公社
敷地面積約1.9ha
用途分譲住宅
計画戸数約194戸
実施年度1984~88

プランインフォメーション


チェリーハイツ健軍は、熊本市の中心部から東方約3kmに位置する約1.9ha194戸の中層分譲団地である。
1984年に公共住宅における「CHS適用住宅」第1号として認定を受けた住宅である。CHS対応として、住戸内空間を固定ゾーンと可変ゾーンに分離し、また階段室廻りに吹き抜けや専用ポーチを計画し共用配管を集約設置した。内装にBLシステムを導入し完全な6面体設計とすることで、設備配管・配線の交換性および住戸の可変性をより一層高めている。
2段階供給方式(※)の実施の際においてもこれら可変性への配慮が有効であることが確認された。
※2段階供給方式とは、①数タイプの基本メニュープランを用意した一次設計で募集を行い、②入居者決定後選択されたプランをベースに個々の要望を聞き二次設計を行う方式のこと。


計画系プロジェクト
建築系プロジェクト
海外プロジェクト
年代別
地域別


ピックアップ

  • ハウジングの話
  • ニュータウンの話
  • PICKUPプロジェクト(建築系)