プロジェクト紹介

海老名市営上河内住宅

プランデータ

所在地神奈川県海老名市
発注者海老名市
敷地面積約0.3ha
用途公営住宅(建替)
構造・規模RC造 5階
延べ床面積2,774.07㎡
竣工年2015年



プランインフォメーション

海老名市営上河内住宅は、老朽化する杉久保団地(昭和39、41年建設)の非現地建替として、給食センター跡地に建設した公営住宅である。


住棟の1階の全ての住戸(7戸)を、障がい者向け公営住宅とし、障がい者、高齢者、子育てファミリーが暮らしやすいユニバーサルデザインに配慮した住戸、住棟、屋外計画を目指している。


定期借家制度(期限付き入居)を導入することによって、2次入居者(将来の入居者)は、一定程度の子育てファミリーの入居を想定し、3DK(72㎡)及び2DK(54㎡)と比較的大きな住戸を供給している。


住棟共用部分は、雨かかりが無くアプローチできる車寄せ、夜間も歩きやすいアプローチ空間、誰でもわかりやすいサイン計画、ちょっとくつろげるベンチの設置を行っている。


専用部分は、生活滞在時間の長いDKを廊下側に計画し、居住者の生活が廊下に表出しやすいように廊下に面して「見守り窓」を設け、居住者が孤立しないような住戸計画としている。


(第8回神奈川県バリアフリーまちづくり賞受賞)

計画系プロジェクト
建築系プロジェクト
海外プロジェクト
年代別
地域別


ピックアップ

  • ハウジングの話
  • ニュータウンの話
  • PICKUPプロジェクト(建築系)
  • ホテル・旅館のバリアフリー化の現状等に関するアンケート調査